首イボの原因と治療方法(画像)、自分でイボを治す方法をご紹介。またイボに効くヨクイニンやハトムギ成分配合の市販薬の口コミもありますので、イボができる原因を減らし首にいぼが出来ないように予防しましょう。30歳を過ぎたあたりから首周りにできる黒いブツブツ・デキモノを消すためにベストな方法とは

首イボの種類と治療方法

首イボの種類についてのカテゴリです。

こちらでは、良性の腫瘍である「アクロコルドン」「スキンタッグ」「脂漏性角化症」「老人性疣贅」「老人性いぼ」に分類して説明します。

病気ではないのですが、見た目が気になる方は皮膚科で除去することもできます。治療内容の選択や費用は病院によってまちまちなようです。

イボの名称

イボの大きさによって名称が変わり、2~3㎜で多発しやすいものを“アクロコルドン”または“スキンタッグ”と呼びます。単発でやや大きなもの(直径約1㎝)は“軟性線維腫”。軟性線維腫がさらに大きくなり、皮膚面から垂れ下がるようになったものを“懸垂性線維腫”と呼びます。

引用元 小さなイボが、首まわりに増えてきた|首イボの原因3つと対策法までを解説

注意してほしいのは、自分でハサミでカットするなど自己処理をしてしまうと、バイキンが入った場合傷跡が残ることもありますし、違う病気のイボに刺激を与える可能性もありますので、治療ははやり医師におまかせしましょう。

「首にできるイボの種類」に関する記事一覧

アクロコルドン

アクロコルドンとは首や脇の下、胸、まぶたや目の下、太ももの付け根(鼠蹊部)など、 ...

スキンタッグ

スキンタッグとは前述のアクロコルドンと同様に首、脇、胸、まぶたや目の下、太ももの ...

脂漏性角化症(老人性いぼ・老人性疣贅)

脂漏性角化症とは「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」「老人性いぼ」ともよばれま ...

首イボに効くおすすめ化粧品