首イボの原因と治療方法(画像)、自分でイボを治す方法をご紹介。またイボに効くヨクイニンやハトムギ成分配合の市販薬の口コミもありますので、イボができる原因を減らし首にいぼが出来ないように予防しましょう。30歳を過ぎたあたりから首周りにできる黒いブツブツ・デキモノを消すためにベストな方法とは

首にイボの原因とは

老化が主な原因であると言われている首イボですが、ブツブツになる原因について説明します。

加齢によってできる首イボ

加齢によってできる首イボ

首にできるイボの原因の多くは加齢とされており、男女ともに30代から増え始め、年齢に比例して発生率とその数は増える傾向にあり、更年期を過ぎた女性に多いとも言われています。

日常生活の中で浴びる紫外線や摩擦など、人の肌は日々ダメージを受けて徐々に老化が進みます。

老化が進むにつれ新陳代謝が悪くなってしまうと、肌へのダメージが回復されずに蓄積されやすくなり、それらが盛り上がってイボと呼ばれるものになります。

加齢とはいっても体質も無関係ではなく、早くは20代で現れることもあります。

紫外線によってできる首イボ

加齢・老化との関わりも深い、紫外線によるダメージもデコルテのイボの原因に挙げられます。

特にザラザラとした感触が特徴の老人性疣贅(脂漏性角化症)は紫外線が原因のひとつと言われており、日差しに当たる機会が多い部位に多くみられます。

摩擦や刺激によってイボができやすくなる

くびイボの原因には、衣服や肌同士のこすれ合い=摩擦による刺激も言われています。

摩擦による肌へのダメージが老化につながるという関連性からもわかる気がしますね。
例えば、タンクトップや下着などの衣服の生地が肌にふれることの多い脇は、腕を動かすことによって摩擦が起き、イボができやすい部位といえます。

そのほか太ももの付け根(鼠蹊部)も、肌と下着や衣服との摩擦が生じやすい部位で、イボが多く見られる箇所です。
また、肌が乾燥していると摩擦を生じやすい為、肌の乾燥も間接的な原因と言えるでしょう。

汗が影響することも

首イボの一種・スキンタッグは汗をかく部位に発生してしまうとも言われており、首や脇の下など汗をかきやすい部位に多く見られます。

なかにはウイルス性のイボができてしまうことも

首イボにはまれですが、ささくれや小さな傷からウイルスが入り込んで感染し、イボができることがあります。
100種類以上あるヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルス)のうち、皮膚型のウイルスが皮膚に感染して良性腫瘍のイボができ、自然に治る場合もありますが、まれに悪性のこともあるといいます。

出始めは小さかったものが徐々に大きくなり、表面が角化して硬く灰白色になります。

この場合は、イボを刺激することでウイルスを周囲の皮膚にひろげてしまうこともありますので、あまりいじらずに医療機関を受診した方がよいでしょう。また、感染予防のため、タオルやマットなど、肌に直接触れる物の共用は避けるなどの対策が必要です。

厄介な首のブツブツ=首イボは、これまた厄介なことに、ほとんどの場合原因は老化であることがおわかりいただけたかと思います。

でも! だからといって! 諦められません! いえ、老化だからと諦めないで!

紫外線ダメージの予防や摩擦を小さく抑えるための保湿、新陳代謝を高めるための規則正しい生活など、ちょっとした日頃の心がけや、生活習慣の見直しで予防することはできるのです。

また、できてしまった首イボには、改善や治療を目的とした多くの商品が簡単に手に入るようになり、塗るタイプ・貼るタイプの市販薬や、飲むだけの錠剤・サプリメント、化粧品など種類も様々です。

即効性を求めるのであれば、皮膚科でのレーザー治療やハサミによる切除という方法もあり、たいていの場合比較的容易な処置できれいにしてもらうことも可能なようです。

ひとことでイボと言っても、その種類や原因は多岐に渡り、体質によるものも多く、確実な原因を突き止めるのは医者であっても困難と言われています。
急に大きくなった、急に増えた、色が変、など少しでも気になることがあれば医療機関の受診をお勧めします。

イボ痕を残さずに短期間でイボを取る方法とは?

首イボを短期間でとりたいのならば、イボに効く塗り薬を使うか、美容皮膚科で治療してもらうのが一番です。

美容皮膚科での治療法は、ハサミで切り取る、液体窒素を使用する、レーザー治療の3つがあります。

ハサミで切り取る治療とは?
ハサミで切り取ると痛みが伴うと思ってしまいがちですが、首イボは角質で神経も通っていないので、切り取ってもほとんど痛みがありません。
ハサミで切り取ると跡も残らず、保険が適用される事も多い治療法なので料金もそれほど高くありません。
とても簡単に処置してくれるので、短期間でイボを取るならハサミがおすすめです。

レーザー治療とは?
炭酸ガスレーザーをイボに当てて焼きとるのが、レーザー治療です。
一つのイボを短時間で焼き切ることが出来るので、非常に短時間で処置が出来るのがレーザー治療の大きなメリットです。
麻酔を使用するので痛みを感じる事もありません。
ただし、保険適用外なので料金の負担が大きいのがデメリットになります。

液体窒素は短期間の治療に向かない!
イボを液体窒素で凍らせて自然に取り除くのがこの治療法ですが、一度に多くの首イボ治療が出来ないのがデメリットです。
また、麻酔なしで処置をすることも多く、痛みを伴う治療になります。

首イボの予防法

首イボができる原因でもお伝えしたように、残念ながら誰しも避けることのできない加齢や老化が首イボの主な原因と言われています。

しかし、決して少なくはない、不快なブツブツで悩んでいる人たちにとっては「加齢だから」「老化現象だから」のひとことで片付けてほしくはないものですよね。

首イボができる前に予防

私まだ20代なんですけど・・・。
20代とは言いませんがもう老化なんて・・・。
いくつになってもいつまでもキレイでいたいんです!

そんな気持ちよ~くわかります。

キレイでいたいみなさん、まだ諦めないで下さいね。
主な原因がわかっているからこそ、事前に防いだり、すでにできてしまった首イボについては悪化を防ぐことができるのです。しかも、決して難しいことではありません。

毎日の生活習慣の見直しやデイリーケアで、時間を要することでもありません。

老化へ直結する肌ダメージの蓄積を防ぐには次に挙げる事項が重要です!

  • 紫外線を防ぐ
  • 摩擦を防ぐ
  • ケガを防ぐ
  • 肌の保湿
  • 肌を清潔に保つ
  • 規則正しい生活習慣で新陳代謝を高める

なーんだそんな簡単なこと?と思われた方もいるはずですが、規則正しい生活習慣なんて簡単なようで一番難しい!なんて言わないで下さいね(笑)。毎日のちょっとした心掛けなんです。

私たちの皮膚は日々、生活の中で目に見えない強力な紫外線にさらされ、服やアクセサリーなどの摩擦に合い、気を付けていてもひっかき傷など小さな傷をつくってしまうこともありますよね。それらを繰り返すことによって皮膚は弱ってしまい、抵抗力が落ち、結果老化へと進んでいってしまいます。

また、多忙な日々に追われて生活が不規則であったり、寝不足・運動不足であったり、飽食の現代で口にする物は脂質分の高いものが多くなっています。

そのような生活パターンの中で新陳代謝は悪くなり、それゆえ肌が生まれ変わるターンオーバーも低下してしまうことによって、不純物を体外へ出すことができずに蓄積されやすくなってしまうのです。

肌の老化を阻止するには、このようなライフスタイルを振り返り、生活習慣の改善・体質改善が必要になってきます。

ではどのように肌へのダメージを防げばいいの? どのように生活習慣を改善すればいいの? という具体的なお話をしていきましょう。

紫外線を防ぐ

紫外線を防ぐ

まず、外的要因からの肌の保護という意味では、夏だけでなはく、ちょっとした外出の際にもお肌のUVカットをお忘れなく。もちろん顔以外にも、肌を露出する部分全体に日焼け止めクリームなどを塗りましょう。
ここでひとつ紫外線対策の注意点ですが、日よけ目的で首にタオルをまくなど何かで覆ったりすることは、かえって肌の摩擦を招くことになってしまうこともあるので気を付けたいところです。

摩擦を防ぐ

アクセサリーによる摩擦

肌の摩擦を防ぐことに関しては、襟ぐりや袖口など肌への刺激が少ないデザインや素材の服であったり、締め付けの少ない下着を選んで着用するようにしましょう。
肌を守るという観点ではアクセサリーもできるだけ身につけない方が良いですね。

肌の保湿

保湿クリーム

加えて摩擦をおこしにくくする為に、常に肌を乾燥しない状態にしておくこと。
ローションやクリームなどで潤いを保ち、顔以外の全身にもボディークリームを塗ってあげましょう。肌が乾燥していない状態だと傷もつくりにくくなります。
老化によって肌の水分は不足しがちになってくるので、歳を重ねるごとに保湿の重要性は高まります

肌を清潔に保つ

肌ストレスや外的要因から守るためにも肌を清潔に保ちましょう。肌に直接触れるタオル類や衣類はこまめに洗濯しましょう。

特に女性はムダ毛の処理も注意が必要です。安全で肌への負担が少ない処理方法を選択しましょう。
続けて、内的要因からお肌を守るために、気を付けてほしいことです。

規則正しい生活習慣で新陳代謝を高める

健康的な生活週間

肌や内臓にも刺激を与えるたばこ、アルコール、カフェイン、高脂肪の甘い食べ物の摂りすぎは避け、1日3度の食事を栄養バランス良く摂取しましょう。

適度な運動をして良質な睡眠を十分とり、規則正しい生活で肌ストレスの軽減に努めましょう。
太り過ぎ・肥満を防ぐことは、肌の摩擦を防ぐことにもなります。
このような”健康的”といわれる生活を送ることによって、新陳代謝は良くなり、肌のターンオーバーも促されます。

大好きなお酒やコーヒーの量を減らす、洋服を選ぶときの基準にコットンなどの天然素材にすることも付加する、お風呂のあとの保湿を忘れない、など今日からスタートできますよね。
5年後、10年後、未来の自分のために、できることから実践していきましょう。

短期間で自分でイボを取りたいなら、艶つや習慣やシルキースワンを使うがおすすめです。

基本的に患部に塗るタイプのイボコロリを首イボに使用するのは非常に危険ですので、もしイボコロリを首イボ治療に利用したいと考えているのなら、必ず内服薬を使用してください。

ただし、内服薬では短期間での治療には向かないので、早く直したいと考えているのなら、美容皮膚科での治療がおすすめです。

首イボに効く成分

美容皮膚科での治療もメリット・デメリットがあるので、それをよく考えて治療法を選んでくださいね。

首イボの原因と治療法についてのまとめ

以上、"首イボの原因と治療法"~イボに効くヨクイニン・市販薬~…でした。

特に首イボの原因、治療方法、イボに効果的な市販薬、皮膚科について一生懸命詳しくまとめたので、長くなってしまいましたが、首イボを消したい方に分かりやすく解説できた思います。

治療すれば一日で改善されますが、日頃からしっかり保湿して予防することで治療する手間もはぶけますのでぜひ日頃から予防のためにも生活習慣から見直すことが大事ですね。

投稿日:

執筆者:イボケア子

首イボ 市販薬よく効く塗り薬

Copyright© 首イボの原因と除去する治療法まとめ~ぶつぶつに効くヨクイニン~ , 2017 All Rights Reserved.