首イボの原因をご存知ですか?当サイトでは、首イボの原因から首イボに効くクリーム、予防・治し方、治療法まで幅広く紹介しています。また、市販薬を使ってイボが治ったという方の口コミをもとに、おすすめのお薬も紹介しています。

市販でも買える!首イボに効くおすすめクリーム 口コミランキング

知らない間に首にブツブツしたものができてる!そんな経験はありませんか?

もしかするとそれは、首にできるイボかもしれません。

首にできるイボのことを、「首イボ」といい、老化だけが原因ではありません。

とくに冬は肌が乾燥しやすいので、首にイボができやすい時期でもあります。

首イボ

首にイボができてる(;゚д゚)アッ….夏にはなかったのに。

首イボを治す方法としては、液体窒素 冷凍療法や、レーザー治療などが知られていますが、治療しても、また結局イボができてしまうという方もいらっしゃいます。

イボは治療よりも予防が大事!

このサイトでは、首イボの原因や、治し方イボに効く市販薬についてどこよりも分かりやすく書いています。

自分で首イボを治してみよう!イボに効く市販薬・保湿クリーム

病院に行って治療を受けるとすぐに治りますが、保険が効かない治療は高いし、それに痛そうだし、跡が残るかもと不安は隠せません。それよりも、自分で治してしっかり予防したいですよね。

病院で治療する前に、いぼに効果的な市販のお薬を使って治ったという方も多いですので、首のイボに効果的だと言われている市販薬・化粧品や保湿クリームを厳選しました。

イボに効果が期待できる商品の口コミや成分を比較してみて、これは!と思うものだけをピックアップしているので、どの市販薬がいいのか参考にしてみてください。

試すならまずコレ!首や腕などのイボケア「クリアポロン」

無添加タイプの濃縮美容クリームとして、多くの女性雑誌でも紹介される大注目の商品「クリアポロン」。

■商品名:クリアポロン
■内容量:60ml ※約1ヶ月分
■価格
通常価格:5,440円(税込)
特別価格:初回1,800円 (税込)

クリアポロンの人気のヒミツは、「デリケートフラットケア」「インナースキンケア」「バリアリターンテクノロジー」という3つのアプローチ方法。

デリケートフラットケアは、イボ取りに効果があると評判が高い「脂溶性ハトムギ油」「水溶性ハトムギ種子エキス」のWヨクイニンに加え、肌代謝を高める「あんずエキス」、「ダーマヴェール」の4種類の有効成分がなめらかな肌をサポート!

インナースキンケアとして、血行促進や肌の炎症に働きかける「ビタミンC誘導体」「プラセンタ」「アラントイン」など5種類のヒアルロン酸が肌の奥から、本来の美肌へと導き、輝くような透明感をもたらしてくれます!

そして、バリアリターンテクノロジーとして「3種類のセラミド」「プロテオグリカン」「パルミトレイン酸」が、肌を守るためのバリア機能を高め、加齢とともに減少する美肌成分をサポートしてくれます。

年齢肌に負けない肌を作りがこれひとつで♪

■使い方

クリアポロンを1円玉大の量を手にとり、気になる箇所(デコルテ、首周り、お顔)などに手のひらで温めながら優しく塗り込みます。塗り込んだら1~2分置きに重ね塗りをする「2度塗り」が効果的!

塗るだけの簡単ケア♪

クリアポロンを試した方の声

クリアポロンのおかげで首元が綺麗になりました。肌もしっとりしていて思わず触ってしまう肌になることができました。これからも愛用し続けます!


首と脇のブツブツが気になってたので、クリアポロンを使い始めました。ブツブツが少しずつ柔らかくなっていくのを実感することができています。毎日のケアが楽しくなるクリームですね♪これからも使用します!


全身にも使える「艶つや習慣」

お客様満足度97%と評価が高く、これまでに23万個以上の販売実績があるオールインワンジェル!

艶つや習慣

■商品名:艶つや習慣
■内容量:120g(約1ヶ月分)
■価格
通常購入:3,693円(税込)
定期購入:初回2,052円(税込)
■送料
通常購入:630円
定期購入:無料

艶つや習慣は、お客様満足度97%と評価が高く、これまでに23万個以上の販売実績があるオールインワンジェルです。

これ一つだけで、角質粒を取り除くだけでなく、化粧水・乳液・美容液・保湿までしっかりスキンケアを行う万能オールインワンジェルです。保湿効果が高いですので、これからの季節にピッタリ♪

プラセンタエキスがターンオーバーをサポートしてくれるので、シミやくすみにも効果が期待できます!

口コミでも使い心地・効果ともに大好評!

■使い方
使い方は、1日約3~5分を目安に「艶つや習慣」で丁寧にマッサージするだけ。

毎日のケアで、ポツポツが膨らんできたり、立ち上がってきたり変化します。
ポロリとなる直前に、黒っぽく枯れたように硬くなり、根元からポロリ。

今なら、50%オフ購入可能です!!
定期コースが条件なんですが、合わなければ、解約はいつでもできるので安心!

艶つや習慣を試した方の声

毎日朝と夜に、首周りに擦り込みました。ちょうど3ヶ月ぐらい経過したあたりからイボが薄くなってきました。ジェルが私の肌に合っている感じがします。乾燥肌でしたが寒い季節のザラザラも緩和されますので使い続けています。


30代半ばに首にイボみたいのができて相当ショックでした。周りの視線が気になるし、これ以上悪化させたくなかたったのでヨクイニンが入っているということで、こちらの商品を購入しました。クリームを使った感じも悪くないですし、ベタベタしないのでクリームを塗ってから服をきても大丈夫です。保湿的な感覚で使う分には悪くない商品です。塗ったらすぐにイボがなくなることを期待していましたが、1ヶ月使ってみて薄くなった程度です。まだクリームが残っているのでもうしばらく使ってみます。すぐ治したいなら皮膚科がいいみたいですね。

Wヨクイニンパワーの「シルキースワン」

ポロリ成分をたっぷり配合した濃厚ジェル「シルキースワン」。

シルキースワン

■商品名:シルキースワン
■内容量:15日分×2個
■価格
通常購入:9,800円(税抜き)
定期購入:初回1,480円(税抜き)
※2回目以降5,400円(税抜き)

ヨクイニンエキスとハトムギ種子エキスのダブルヨクイニンパワーでつるるん美人に!肌の角層にしっかりと潤いを与えて肌荒れを予防する事が出来ます。

お値段は少し高めですが、さまざまな美容成分を贅沢に配合しているので、しっかりケアしたい方におすすめ。

ほんのりバーベナの香りでリラックス効果も◎

イボだけでなく、シミやくすみが薄くなって肌が明るくなった!シワが目立たなくなった!ニキビが治った!という口コミも多いですね。

■使い方
お手入れ方法も簡単で、気になる箇所を清潔にした後やさしくなじませるだけでOK。肌なじみがよく広い範囲に塗れます。
首元の悩みで一番多い“シワ”と“たるみ”といった悩みにも有効ですよ。

シルキースワンを試した方の声


ネットの口コミを見てシルキーワンを購入。使いはじめてから3週間ぐらいでイボが薄くなり、3ヶ月後には目立たなくなりました。


シルキースワンを使ってます(^o^)!デコルテのイボが小さくなってきました!すごい!しっかり保湿もされているし、さらっとした肌ざわりいい感じ!においもいいので、毎日欠かさず塗ってます。

18年目のベストセラー 「APRIAGEオイルS」

楽天のフェイスオイルランキングで1位を連続獲得した南仏産・杏仁オイルのアプリアージュ。

■商品名:アプリアージュオイルS
■内容量:40ml ※約1~2ヶ月分
■価格
通常価格:8,424円(税込)
特別価格:7,582円 (税込)

最高品質のアプリコットオイルは人工的に抽出されたものとは全く質が違うため、乾燥肌などお肌のケアにもってこい。
首のポツポツや肌の乾燥で悩んで方、肌の衰えを感じている方などにもオススメです。

■使い方
朝のお化粧前などは1~2プッシュをお顔全体にうすく伸ばします。 夜はローションや美容液の有効成分が逃げないよう、5~10プッシュのたっぷりの量を、お顔全体にのばします。
イボやざらつきが気になる方は、たっぷりの7~10プッシュを手に取り、お顔全体から首元、デコルテや気になる部分をやさしくマッサージ。仕上げにホットタオルを当てると、肌によくなじみます。

こちらご紹介させていただいた3つの市販薬は、商品容器、価格、使用方法はどれも全然違いましたが、継続して使用することでイボを取り除き、肌のコンディションを整えて新しいイボが出来るのを予防するという部分は同じです。

首のイボで悩む全ての人にイボのない生活を取り戻すお手伝いをしようという気持ちはどのメーカーさんも同じなんですね。

イボコロリは首に使うと非常に危険!?

体にイボが出来てしまった時の対処として、大抵の人はハサミなどでイボを切り取るか、上で紹介した市販薬を使用しています。そんな市販薬の一つで有名な薬に「イボコロリ」がありますが、イボコロリは首に使うと非常に危険なんです。

イボコロリとは?

イボコロリ

イボコロリとは、その名の通りイボを除去することが出来る薬です。

基本的に体に出来るイボは角質が主です。イボコロリにはサリチル酸という角質を軟化して溶かす成分が入っているので、イボに使用すると除去する事が出来るんです。

イボコロリを首のイボに使ってはいけない理由

同じく角質であるイボにイボコロリを使ってはいけない理由、それはイボコロリの効果が強力すぎるからです。

基本的にイボコロリは足の裏に使用する事を想定して作られた薬で、足の裏に出来る角質は分厚く、皮膚もそれに伴って固いです。その為、多少強力でも足の裏だと耐えられますが、皮膚が薄い首にイボコロリを使用すると強力すぎて皮膚のトラブルが起きてしまうんです。

イボコロリを販売している会社のホームページにも下記のようにハッキリと使用しないでくださいと書かれていますね。

イボコロリの注意事項

横山製薬 | 製品紹介 | 液体タイプについて

イボコロリを首に使ってしまうと皮膚が赤くなる

強力な効果を持つイボコロリを首に使用してしまうと、皮膚が赤くなってしまいます。酷い時になると火傷痕みたいになってしまう事もあり、その火傷痕がそのまま皮膚に残ってしまう事もあります。

皮膚にとにかく悪影響を与えるのがイボコロリなので、首のイボに使用するのは絶対にやめてください。

イボコロリの内服薬なら安心!

イボコロリには液体タイプと絆創膏タイプ、そして内服薬タイプがあります。

液体タイプと絆創膏タイプは皮膚に直接イボコロリをつけるものですので皮膚トラブルの原因になりますが、内服薬はその2つとは違います。皮膚に直接塗るタイプのイボコロリは注意書きに首に使用NGと書かれるほどの薬ですが、内服薬にはそのような記述は掲載されていません。

つまり、首のイボの治療に内服薬を飲んでも安全だという事です。

内服薬にはハトムギ種の「ヨクイニン」が含まれていて、イボ改善だけじゃなく皮膚の新陳代謝にも効果があります。ただし、内服薬タイプは実際に効果が出るのに少々時間がかかるのに注意が必要です。

基本的に首イボ除去にはイボコロリはおすすめできません。

首にできるイボはもともと良性なので、放っておいても問題がないことが多いで、「気にしないようにして放置する」と言われる方も結構おられるのですが、一度できてしまったら自然には治らないことが多い上に、服が引っかかるネックレスが引っかかるなど、日常生活で時々小さなストレスを感じることが多かったりします。

首イボの治療や改善方法はもちろんですが、再発を防ぐ意味でも、まずはイボができる原因を知っておいた方が良いでしょう。

首イボを治す市販薬の選び方・気をつけるポイント

首のイボに効果的な薬・化粧品を選ぶ一番のポイントは「首イボ専用の化粧品」を使うことです。「イボ」「ポツポツ」「古い角質」への効果を謳っているものが一番です。例えば「イボに効く効果もあります」と「イボに効きます」

どちらがイボ取り効果に特化した化粧品だと思いますか?

―もちろん後者です。目的が違えば、例え有名ブランドでもとても高価格でも効果は望めませんし、改善もしません。言い方を変えれば、ブランドの知名度や値段がいつでも効き目と比例するわけではないんです。かと言って、全く知らないブランドを闇雲に選ぶのも肌のことを考えるとリスクが高いですよね。

そして二番目のポイントは自分に合っている化粧品かどうかです。

首だけでなくデコルテ(胸や胸の谷間)や脇の下など広範囲にできたイボを取りたい方もおられると思います。また、首に何個かだけあるイボを取りたい方、イボの予防をしたい方。使い方は人によって変わってきます。

広範囲のイボをケアするなら、伸びが良いものや大容量のものを。何個かだけあるイボのケアなら、少量ずつ出せるタイプのものが便利です。予防が目的ならイボ取り効果よりも肌のターンオーバー(生まれ変わり)を早めたり、正常化する効果が高いものを選ぶと良いと思います。

更新日:

執筆者:イボケア子

首イボ 市販薬よく効く塗り薬

Copyright© 首イボの原因と除去する治療法まとめ~ぶつぶつに効くヨクイニン~ , 2017 All Rights Reserved.